×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

キャッシングのブラック

キャッシングを利用するためには,申込みをした後,キャッシングの審査を通らなければなりません。申込者の証明書や顔や住所などの個人情報を照合します。さらにキャッシングの審査では,その申込者の支払能力,保証人の有無などです。キャッシングの審査では,申込者の過去の借金歴なども調べます。また,クレジットカードの滞納履歴があれば,キャッシングでの利用限度額に影響がでたり,その度合いによってはキャッシングの審査に通らないということも出てくるようです。キャッシュカードなどの使用歴は7年間ほど保管されていくので,きちんと考えて利用することが必要です。では何を審査の上での最重要かというと実はそれは保険証なのです。保険証には主に4種類のものがあり、それによりランク分けがされています。保険証で職業のランクを分けてます。公務員共済保険証なら公務員。また組合健康保険証なら企業レベルも計れるでしょう。キャッシング会社は融資の限度額を決定しています。残念ながら国民健康保険のランクは低いですね。

キャッシングの比較

キャッシングする際に避けては通れないのが「キャッシング審査」です。信用情報機関というものをご存じの方は少ないと思います。信用情報というのは過去に金融機関を使った場合にその履歴を収集し情報を金融機関に提供する役割を担っています。扱われている内容は大きく三つあります。1,個人を特定する目的の情報・つまり、氏名 生年月日 性別 電話番号 そして勤務先 勤務先の電話番号などがこれに当たります。2,契約に関わる情報・借入日 その金額、入金履歴、予定日 その残高、完済日などです。ほかの金融機関から借入がある場合はこの履歴も審査の対象となります。3,事故情報・返済期日から滞納している日数 金額 そして解消されたかどうか、自己破産 債務整理などの履歴がこれです。こういった情報を元にキャッシングの可否が決められます。実はこれにも落とし穴があるようで、実は結婚などで名前が変わってしまうと情報が追いつかないでブラックなのに借入ができてしまう場合があるようです。また悪質な裏金融のような業者が債務整理された人をねらって高利での融資話を持ちかける際にもこの情報が利用される場合があるようです。

スポンサード リンク

キャッシングの申し込み

信用情報機関は三つあり、それぞれが消費者金融(全国信用情報センター連合会)、クレジット(CIC)、バンク(全国バンク個人信用情報センター)をそれぞれ専門に受け持っていたようでたとえばバンクで借入を受けていてもクレジットの方には情報が行かない(逆にクレジットの情報はバンクには行っていたようです)といった形の抜け穴があったのですが今では三つの信用機関それぞれをほぼ全て共通のデータベースを持っていると思ってもかまわないと思います。とくにキャッシングに対しては以前に比べると厳しくなっているので多くの信用情報機関を使っていると思って間違いないでしょう。また、信用情報機関の情報は一般的には有料で一回の照会につき500円ほどかかるようです。キャッシングの申し込みごとにそれが行われていてその負担が全てキャッシングの際の利息からまかなわれているのは言うまでもないでしょう。私たちが信用情報機関を利用することも可能なようです。

Copyright © 2008 キャッシングの審査とは